入院

当院は地域包括ケア病棟です。

地域包括ケア病棟とは

急性期治療が終了し、病状が安定した患者様のリハビリや在宅支援を行う病棟です。

また、地域包括ケアシステムを支える役割を担っており「ときどき入院、ほぼ在宅」を めざしています。

対象となる方

  • 継続したリハビリが必要な方
  • 急性期治療で症状が改善したがもう少し経過観察が必要な方
  • 施設や在宅生活に向けて調整や準備が必要な方
  • 介護者の休養のための一時入院(レスパイト)
  • 糖尿病教育入院
  • 内視鏡検査の一時入院 など

安心して自宅退院できるようにサポートします

地域包括ケア病棟は最長60日以内の入院が原則

地域包括ケア病棟では、主治医の判断のもと必要に応じて医療やリハビリを受けることができます。

入院できる日数は決まっており、最長でも60日が原則とされています。

その間に、疾病や身体的な状態、住宅環境や介護者の状況などに応じて在宅や介護施設などへの退院支援を行ないます。

疾病や退院後の生活への不安や問題が、軽減、解決できるよう医師や看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー等が協力しサポートを行なっていきます。

地域包括ケア病棟の主な役割(イメージ)

面会について

面会時間は以下のとおりです。

平日 12時から20時
土日祝日 10時から20時
  • 治療と安静のため、面会時間以外の面会または長時間の面会はご遠慮ください。
  • 面会される場合は、必ず病棟スタッフステーションへお立ち寄りください。
  • 生花には緑膿菌などの菌が付着しているため感染の観点から規制しています。

お知らせとお願い

  • 当院は、衛生上の理由からおむつの持ち込みをお断りしており、入院セット(CSセット)を採用しております。プランに合わせてご利用いただくことにより、準備やお洗濯の手間が省け大変便利です。ぜひご利用ください。
  • 当院では、職員へのお心付けは一切いただいておりません。お気遣いのないようお願いします。また、花や置物、飾り物などもご遠慮いただいております。ご協力をお願いします。
  • 入院中に、郵便・宅配便等を病棟(ご本人)宛に送付することは、ご遠慮ください。