入院

当院は地域包括ケア病棟です。

地域包括ケア病棟とは

急性期治療が終了し、病状が安定した患者様のリハビリや在宅支援を行う病棟です。

また、地域包括ケアシステムを支える役割を担っており「ときどき入院、ほぼ在宅」を めざしています。

対象となる方

  • 継続したリハビリが必要な方
  • 急性期治療で症状が改善したがもう少し経過観察が必要な方
  • 施設や在宅生活に向けて調整や準備が必要な方
  • 介護者の休養のための一時入院(レスパイト)
  • 内視鏡検査の一時入院 など

安心して自宅退院できるようにサポートします

地域包括ケア病棟は最長60日以内の入院が原則

地域包括ケア病棟では、主治医の判断のもと必要に応じて医療やリハビリを受けることができます。

入院できる日数は決まっており、最長でも60日が原則とされています。

その間に、疾病や身体的な状態、住宅環境や介護者の状況などに応じて在宅や介護施設などへの退院支援を行ないます。

疾病や退院後の生活への不安や問題が、軽減、解決できるよう医師や看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー等が協力しサポートを行なっていきます。

地域包括ケア病棟の主な役割(イメージ)

当院の特徴

当院では、地域包括ケア病棟の役割の一つである住宅生活の支援をさせていただいています。
その取り組みの一環として、入院中から在宅サービスに円滑に移行できるよう病棟デイサービスを実施しております。
また、専門性を活かした取り組みでは、ボツリヌス療法、rTMS、促通反復療法(川平法)、LSVTの特殊リハビリテーション入院や就労支援を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

面会について2024年7月16日から面会を停止させて頂いております。